Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKorean
Scroll Down
SEARCH
宿泊プラン・空室検索
泊数宿泊人数客室数部屋
行燈旅館の想い。
our philosophy
始まりは、
私が仕事・旅を通して、
「どうしたら海外の方に日本の良さをアピールできるだろうか」でした。
創業当時も現在も、日本全国で旅館の数がどんどん減少してきています。
海外からの旅行者に日本の生活様式を体験していただくと共に
「おもてなし」を感じていただき、旅館に宿泊していただく事が、
日本・日本人を理解していただく一番の近道だと思いました。
そして、「東京で旅館を建てたい」と願い、
東京初のデザイナー旅館として2003年6月12日に創業いたしました。

25年以上海外のお客様と向き合う中での数多い質問の中の一つに、
「普段日本人が食べている和食を食べたい。お店を紹介してください。」
と、言うものがあります。
この質問に答える時しばしば迷う事がありました。
外国人のお客様の目には
「東京はラーメン屋さんとお寿司屋さんしか、ない。」と、
どうやら写るようです。
しかしハッキリと「ここだ。」と、言えるお店があるかと言うと、
ありそうでなさそうですし、数多くはありません。

そこで「福行燈」では毎日旬の魚と野菜を市場で仕入れ、
お客様には日本人が普段食べている、
言ってみれば「石井家のご飯」を提供したいと思います。
和食に限らず、洋食も中華も日本人のテイストが混ざった食事は
飽きの来ない珍しい食べ物として、
海外のお客様の記憶に残るお食事となることでしょう。
決してプロではありませんが、心を込め、安心、安全な食材を使い、
日本人の長寿に一番貢献している食を提供したいと思います。

世界中のお客様そして日本のお客様が行燈の中でお寛ぎになり、
旅の話で交流する場となることを願います。

目指したのは、
東京にある、第二の実家。

  • 石井家のご飯。
    「ただいま。」そんな風に、行燈旅館に訪れる方は多い。
    どこか懐かしく、あたたかい。ふとした時に思い出すお袋さんの味。そんな全ての要素が「ただいま。」という言葉に集約されている。
    お客様のことをわが子のように想い、毎日違うお食事を用意し、仕入れる食材にもこだわる。
    決して彩られた豪華なお食事ではなく、お客様が本当の自分に戻り、肩書を捨て素の自分で食べるお料理。
    愚痴を聞いてくれ、共感してくれる人の温かさ。行燈旅館にあるすべての要素がこの場所を第2の実家にしてくれる。
    数多くのリピーターが魅せられる行燈旅館であなたも体験してみてはいかがでしょうか。
  • 料理だけじゃない、
    食器や空間にもこだわりを。
    明治時代の後期から昭和時代の懐かしい雰囲気。
    お風呂の壁にはポップアーティスト・ミー石井画伯により作成された、壁画と骨董のアート作品。
    2020年には一階に骨董茶屋「福行燈」をOPENするとともに、天井の照明にはウサギのすりガラスが施され、
    どこを見ても飽きない仕組みが散りばめられています。
    空間デザインは全てが計算されており、古民家の黒光りする木部の質感に馴染むように光量を絞ることにより、
    闇の中にローソクの光がボーっと灯って、その質感が日本的な空間をかすかに浮かび上がらせることを願いました。
    日本のどこを探しても、ここにしかない、特別な空間を目でも舌でも味わってください
おかえりなさい。
行燈旅館 〒111-0021 東京都台東区日本堤2-34-10 
Copyright © Andon.inc All Rights Reserved.