top of page

行燈旅館の想い。

始まりは、

私が仕事・旅を通して、

「どうしたら海外の方に日本の良さをアピールできるだろうか」でした。


創業当時も現在も、日本全国で旅館の数がどんどん減少してきています。

海外からの旅行者に日本の生活様式を体験していただくと共に

「おもてなし」を感じていただき、旅館に宿泊していただく事が、

日本・日本人を理解していただく一番の近道だと思いました。


そして、「東京で旅館を建てたい」と願い、

東京初のデザイナー旅館として2003年6月12日に創業いたしました。



25年以上海外のお客様と向き合う中での数多い質問の中の一つに、

「普段日本人が食べている和食を食べたい。お店を紹介してください。」

と、言うものがあります。


この質問に答える時しばしば迷う事がありました。

外国人のお客様の目には

「東京はラーメン屋さんとお寿司屋さんしか、ない。」と、

どうやら写るようです。


しかしハッキリと「ここだ。」と、言えるお店があるかと言うと、

ありそうでなさそうですし、数多くはありません。


そこで「福行燈」では毎日旬の魚と野菜を市場で仕入れ、

お客様には日本人が普段食べている、

言ってみれば「石井家のご飯」を提供いたします。



和食に限らず、洋食も中華も日本人のテイストが混ざった食事は

飽きの来ない珍しい食べ物として、

海外のお客様の記憶に残るお食事となることでしょう。


決してプロではありませんが、心を込め、安心、安全な食材を使い、

日本人の長寿に一番貢献している食を提供したいと思います。


世界中のお客様そして日本のお客様が行燈の中でお寛ぎになり、

旅の話で交流する場となることを願います。

Comments


bottom of page