top of page

目指したのは、東京にある、第二の実家。

「ただいま。」そんな風に、行燈旅館に訪れる方は多い。


どこか懐かしく、あたたかい。ふとした時に思い出すお袋さんの味。

そんな全ての要素が「ただいま。」という言葉に集約されている。


お客様のことをわが子のように想い、毎日違うお食事を用意し、仕入れる食材にもこだわる。


決して彩られた豪華なお食事ではなく、お客様が本当の自分に戻り、肩書を捨て素の自分で食べるお料理。


愚痴を聞いてくれ、共感してくれる人の温かさ。行燈旅館にあるすべての要素がこの場所を第2の実家にしてくれる。


数多くのリピーターが魅せられる行燈旅館であなたも体験してみてはいかがでしょうか。




Comments


bottom of page